プロジェクト「イオンビーム変異誘発研究」では、高崎量子応用研究所が保有する先進的量子ビーム施設を活用して、植物及び微生物を対象とした突然変異誘発や有用遺伝資源の創成に関する研究を行っています。

研究のねらい  

量子ビームによる突然変異誘発機構の解析や有用植物・微生物資源の創成を通じて、量子ビーム・バイオサイエンス&テクノロジーを実践し、先進的量子ビームの利用技術の高度化を行うとともに、量子ビームテクノロジーの普及と応用領域の拡大を目指した研究開発を進める。

研究内容

高崎量子応用研究所は、世界に先駆けてイオンビーム育種技術を確立し、これまでに数多くの新品種を作出してきました。本プロジェクトでは、これをさらに推進し、海外を含む外部研究機関や民間企業と協力して新品種の開発を行うだけでなく、突然変異誘発の特徴を詳しく解析することにより、変異誘発に関する新技術の開発を進めています。

1. イオンビームによる突然変異の特徴解明による新しい変異誘発技術の開発

突然変異誘発機構を理解するとともに、特定の変異形質を高頻度で得られる新技術の開発を目指し、イオンビームによって得られる突然変異の特徴を詳しく解析しています。

2. 植物や微生物のイオンビーム育種と突然変異体の解析による有用遺伝資源の創成

変異の誘発率が高く、変異スペクトルが広いというイオンビームの特徴を生かし、様々な新品種の開発を国内外の研究機関や民間企業と協力して実施しています。また、モデル生物の新規突然変異体を解析することにより、有用遺伝子の同定や様々な生物機能の解明を進めています。

連絡先

〒370-1292 群馬県高崎市綿貫町1233

国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構

量子ビーム科学研究部門 高崎量子応用研究所

放射線生物応用研究部

プロジェクト「イオンビーム変異誘発研究」

リーダー 大野 豊

リンク

イオンビーム育種研究会

プロジェクトのトップページへ研究部のトップページへ