本文へスキップ

News

2018年4月4日
プレス発表
「性絶縁体を用いてグラフェンのスピンの向きを制御」
2018年3月6日
プレス発表
「リチウム内包フラーレンの電子の振る舞いを初めて解明」

概要

   
  私達のグループでは、グラフェンや有機分子など構造の低次元性により特徴づけられる量子機能材料の次世代電子技術(スピントロニクス等)への応用に向けた基礎研究に取り組んでいます。放射光やスピン偏極ヘリウムビーム、スピン偏極陽電子ビームなど最先端の量子ビーム技術を駆使して、量子機能材料と異種物質からなるヘテロ構造の構造・物性の解明や新規低次元物質の探索などの研究を進め、量子機能材料の物質科学を開拓します。


バナースペース

プロジェクト二次元物質スピントロニクス

〒370-1292
群馬県高崎市綿貫町1233
高崎量子応用研究所